amazonギフト券の有効期限が延長されたことに関して考えてみる

amazonギフト券の有効期限

今までamazonギフト券を利用したことがあるという方は「有効期限」があることはご存知かと思います。
タイプ別にして1年から3年までの有効期限があったのですが、一律で10年の有効期限とされたのです。
そこで、今回はこちらについて深く考えていきたいと思います。

期限切れを延長する必要がなくなった便利性

amazonの公式サイトでは正式発表として、2017年4月24日以降に発行されたamazonギフト券においての有効期限は、「券種にかかわらず」発効から10年です。
との記載がなされました。
シンプルに考えると、有効期限が長くなったという事になりますので、利用者にとっては嬉しい改善であるということができるでしょう。

まずはお手持ちのamazonギフト券を確認してみよう

喜ばしいことではあるこのシステムですが、念のため確認をしておきたいという事もあるのです。
それは、上記の公式発表内容でもお分かりかと思いますが、2017年4月23日以前に発行されたものに関してです。
以前に発行されたamazonギフト券の場合には通常通りの有効期限となっています。
お手持ちのamazonギフト券があるという方は改めて確認していただきたいと思います。

amazonギフト券の期限が長くなったことでお得利用もしやすくなった

amazonギフト券はクレジットカード決済も可能ですが、コンビニや銀行チャージを行うとお得に利用できるということはご存知でしょうか。
例えば、9万円以上のチャージを行う場合、通常会員の場合には2%・amazonプライム会員の場合には2.5%のamazonポイントが付与されるのです。

上記の特典と期間延長がどのような関係があるのかについてですが、有効期限が長くなったことで高額購入に対する魅力・還元%の魅力というものをより実感していただきやすくなるのです。
もし、amazonを頻繁に利用するという方はこうした「まとめ買いスタイル」を確立することによってよりお得に取り入れていただけるでしょう。

キャンペーン情報もあわせてチェックしておきたい

過去を見てみると、amazonのチャージはコンビニ・銀行チャージにおいては3万円チャージで5300ポイントもの付与がなされるなどといった嬉しいキャンペーンも行われたのです。
ですから、こうしたキャンペーンを利用してまとめ買いをするということもしやすくなりました。

キャンペーン情報においてですが、公式のギフト券ページから確認することが出来ますので、こまめにチェックをしていただければと思います。

amazonギフト券の有効期限が伸びたけど・・確認しておきたい事について

期間が長くなったことによって、プリペイドサービスの不正利用を防ぐことが大切になってきます。
補償そのものも難しい傾向もありますので厳重に管理をする必要が利用者側の意識として大切になってきます。

具体的な方法としては、公式サイトのアカウントサービス内にある「サインインとセキュリティ」という項目に進んでください。
その中に、二段階認証設定というものがありますのでこちらを設定しておかれることをおすすめしたいと思います。

マーケットプレイスなどの詐欺出品に利用されてしまったなどと言うケースも残念ではありますが実際にそんざいしていますので、こうしたことにならないためにも二段階認証は公式からも推奨されていますし大切な設定ともいえるのです。

10年という嬉しい改善をより有意義に役立てるためにも、こうした設定を改めて確認・設定することもまた大切といえるのです。

amazonギフト券の有効期限が10年だからこそのメリットや確認

今回は、amazonギフト券の有効期限延長とそれにおけるメリットや確認ポイントなどについて見ていきました。
これらを抑えてより使い勝手の良い環境を用意してください。

関連記事

amazonギフト券の有効期限の延長

amazonギフト券の有効期限!延長する手順は意外とシンプル

贈り物としても使いやすい「amazonギフト券」とは?

Eメールタイプのamazonギフト券

Eメールタイプのamazonギフト券にはどういった特徴があるか

amazonギフト券の種類・それぞれの利点を紹介

amazonギフト券クレジットカード決済

amazonギフト券をクレジットカード決済する際に覚えておきたい注意点について

amazonギフト券の購入方法や割引等のお得な情報を紹介