amazonギフト券を買取してもらうなら古物商営業許可を取得しているところで!

amazonギフト券を買取と古物商営業許可

ネット上にはamazonギフト券を買い取っているサイトがたくさんあります。もちろん、ギフト券を売りたい人やクレジットカードを現金化したい人にとっては、非常に有難いサービスとなっています。ただ、そもそもなぜamazonギフト券を買取ることができるのでしょうか。

amazonギフト券の買取サイトは古物商の営業許可を取っている

商品券やチケットなどを買い取ったり販売したりするためには、古物商の営業許可を取得する必要があります。各都道府県の公安委員会に届け出て、許可が下りれば営業を行えるようになります。

そして、amazonギフト券の買取サイトに関しても、古物商の営業許可を取っていることによって、このようなサービスを提供することが可能となります。サイトによっては、その他にも様々なギフト券の買取を行っていたりしますが、いずれにしても許可を得ているからこそできることです。

なぜamazonギフト券の買取は古物商の営業許可が必要なのか

amazonギフト券だけに限らず、膨大な商品券やチケットの中には、窃盗であったり不正な方法で入手された物もあったりします。それらが発見された場合、持ち主を特定して事件をスピーディーに解決することが必要となります。

そこで、古物営業法では商品の買取時に身分証明書の提示による本人確認を義務付けています。それによって、犯罪に関わる商品が見つかっても、すぐに当事者やそれに関わる人物を特定することが可能となります。

したがって、もし業者側が本人確認を行わずに商品を買い取った場合、罰則を受けてしまうことになります。むろん、許可を取らずに営業をすれば、3年以下の懲役か100万年以下の罰金を科せられます。

amazonギフト券の買取の違法性に関しては一切問題ない

もっとも、amazonギフト券を現金化する行為そのものに、法的に大丈夫なのかどうか疑問に思う人もいるかもしれません。これに関しては、少なくとも法律面での違法性は一切問題ないと言えます。

クレジットカードでamazonギフト券を購入することは、ごく普通の行為となっていますし、むしろEメールタイプのamazonギフト券はカードでしか購入することができません。そして、それを買取サイトで売ったり、ネットオークションに出品するのは自由ですから、法的な問題は特に発生しません。

ただし、換金目的でamazonギフト券を購入することは、アマゾンの利用規約に反することになります。また、クレジットカードを現金化目的で利用することも、カード会社の規約に違反してしまいます。結果として、アマゾンのアカウントやクレジットカードの利用が停止されてしまう可能性はあるため、その点は注意しなければなりません。

古物商の営業許可がないamazonギフト券買取サイトも多い

ただ、amazonギフト券買取サイトの中には、古物商の営業許可を取っていないサイトも多いです。その理由としては、Eメールタイプのギフト券は、いわゆる電子ギフトという扱いになるので、古物営業法の対象外と判断されます。したがって、少なくともEメールタイプだけを買取対象としている場合には、許可なく買取をしても罰せられることはありません。

とはいえ、やはり営業許可を取っている買取サイトの方が信頼して利用できますし、何より悪質な業者も少なからず存在しているのが現状ですから、優良ショップかどうかの1つの目安にはなります。

今後の動向にも注目

もしかしたら、今後の法改正によってamazonギフト券に関しても、例外なく必ず古物商の営業許可がなければ買取できなくなる可能性もあります。むろん、クレジットカードを現金化する手段としても、これからの展開次第ではこのまま活用できるかどうかは分からないので、今後の動向にも注目していきたいところです。

関連記事

福岡や神戸・仙台にはamazonギフト券の店頭買取をしているショップは存在しない

Eメールタイプのamazonギフト券の買取する業者が多いのか

なぜEメールタイプのamazonギフト券の買取する業者が多いのか?理由は?

amazonギフト券サイトの集客方法

amazonギフト券買取業者はどのようにして集客をしているのか?

買取サイト以外でamazonギフト券を現金化する方法

アマゾンギフト券買取手順

買取の手順!amazonギフト券は買取も簡単に行ってもらえる

渋谷でamazonギフト券の店頭買取をしてもらう事はできない